2006年05月06日

花ちゃんのチビハス時代。

花ちゃんのチビハス時代・・・とは言っても、花はハスキーとしては小さい方だったし、顔の模様が大人になっても残っていたため、別名「チビハスちゃん」とも呼ばれていたので、ある意味ずっと「チビハス」でしたが・・・o( ̄ー ̄;)ゞ

花ちゃんは茨城県生まれです。
仕事の関係で茨城に住んでいた両親・・・某ホームセンターでハスキーの子犬が売られていると、電話で「欲しいんだけど・・・」と言ってくる母。
当時、私は一人でネムとランディの世話をしていて、それだけでも結構大変で・・・そのうえまたハスキーの子犬の世話なんて絶対無理・・・という事で「絶対ダメだからね!」と言い続けていたのですが・・・。
ある日を境になんだか様子が変・・・問いつめてみたところ、近所で生まれたハスキーの子犬を貰ってきたと・・・顔(汗)
それが、花ちゃんでした。

約一ヶ月間、両親が育てた後で我が家へとやって来ました。
花−子供時代3.jpg
これが、我が家へやって来た頃の花ちゃんです。
この頃から耳がデカイですね・・・顔(ペロッ)


続きを読む

ニックネーム naoo at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

ランディのチビハス時代顔(イヒヒ)

もう4月です。
花ちゃんの四十九日も過ぎました。
昨年の今頃は、まだランディも距離は短くなっていたけど散歩にも行けて、花ちゃんもまさか癌に冒されているなんて思ってもいなくて・・・幸せだったんだな〜って思います顔(チラッ)

我が家の場合、多頭飼いをしていた頃は、自然と担当が決まってました。
naooは花ちゃん担当で、妹はメル担当・・・なので、わんこがメルだけになってからは、ネタがありません・・・たらーっ(汗)
メルももうすぐ7才のシニア・・・一日中寝て過ごす事が多くなってきたってのもあるけど顔(汗)

で、先週、久しぶりにスキャナーで写真を取り込んだので、今回はランディとの思い出話でも書こうかと・・・o( ̄ー ̄;)ゞ

ランディ−子供時代1.jpg
ランディ、生後4ヶ月弱の頃の写真です。

ランディが我が家に来たのは、生後3ヶ月を少し過ぎた頃でした。
ランディの故郷は、「ムツゴロウ動物王国」です。
もう、ハスキーブームも下火になり、あと2匹の引き取り手がなかなか見つからないと言うことを知人を介して知ったのです。
この2匹が残った理由は、他の兄弟と比べて、一回り大きかったからだそうです・・・(^-^;

早速、母と弟が「動物王国」まで車でお迎えに。
ハスキー軍団の大人達と、馬糞まみれになりながら遊んでいたそうです。
初めは軍手をくわえながら元気に走り回るチビハスに目が行ったそうですが、近付いてきた大人のハスキーに凄い顔で威嚇しているのを見て、おとなしく遊んでいたランディの方に決めたと言ってました。
ランディを連れていく時、母の事をジッと見ながら近付いてくるメスのハスキーが居たそうです。
母犬ではないけど、一緒にずっと面倒を見ていた育ての母だったそうです。
「大丈夫だよ。大切に育てるから。」と言うと、安心したのか、元の場所に戻り、静かに見送ってくれたそうです。

続きを読む
ニックネーム naoo at 12:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

メルとの出会い。

ネタが無いので・・・o( ̄ー ̄;)ゞ

メルとの出会いはペットショップのイベント(?)です。
この辺りのペットショップはグッズ専門のショップばかりで、子犬が欲しかったら隣街まで行かなければなりません・・・それで、移動ペットショップという形で、年に一度プレハブのペットショップが大型スーパーの駐車場に登場していたのです。

先住犬のネムちゃんが亡くなって11ヶ月・・・家の中に犬が居ない状況はやっぱり寂しい・・・ということで、そろそろ新しい子を・・・なんて話が出ていた頃でした。
ただ、その候補の中に、ビーグル犬というのはナシ・・・というか、早い段階で飼いたくない犬種として除外してました・・・たらーっ(汗)
元気な犬はちょっとね・・・って事で。

プレハブの中には、たくさんのゲージが並べられていました。
当時はミニチュアダックスが人気の時代。
女の子と男の子のミニチュアダックスが同じゲージの中に居ました。
どうやら兄妹犬のようで、激しくじゃれ合っています・・・でも、ブームの犬種といのには抵抗があったし、ちょっとじゃれ合いが激しすぎたのでこの子達はパス・・・。

そして、隣のゲージには、この騒がしい中でグッスリ熟睡中のビーグルが一匹・・・背中を向けていたけどビーグルには興味が無かったので、気にせずに他のゲージへ・・・。
ぐるっと一通り見て、また最初のダックスのゲージの前に。
ピンと来る子が居なかったので帰ろうという事になり、何気なく隣のビーグルを見た時・・・ずっと寝ていたビーグルが、ゆっくりと起き出して寝ぼけた顔でこちらを見たのです・・・「か・カワイイ・・・黒ハート
母と二人で「カワイイ揺れるハートカワイイ揺れるハート」と言いながら見ていたら、お店の人に「抱っこしてみますか?」と声をかけられ、抱っこしたが最後・・・いつの間にか飼うことになってました。

↓この写真は、一番最初に撮ったメルの写真です。
meru-赤ちゃん時代01.jpg

ちょっと暗くて分かりづらいけど、カワイイでしょ(〃▽〃)

↓そしてコチラが昨日のメル。
メルーGジャン.jpg
お馴染み「ペピィ」で購入したGジャン着てます。
ネット限定のアウトレットコーナーでかなりお得に購入しました〜るんるん



最大78%OFF!ペピイ秋の売りつくしセール
ニックネーム naoo at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

ネムちゃん♪

ネム−01.jpg

初代犬のネムです。
パグと何かのMIXです。

抱っこをすると囓るし、外の物音にも凄い勢いで吠えるし、ゲージに入れないでお留守番させると、部屋中荒らしたあげく帰ったら目の前でオシッコはするし・・・で、権勢症候群かな〜・・・と思っていたけど、今にして思うと分離不安だったような気もしてます・・・たらーっ(汗)

でも、問題は色々あったけど、メチャメチャ頭の良い犬でした。
「フセ」なんて、3回で覚えちゃったし。
よくテレビに登場する芸達者なワンコ達がする芸は、結構出来てました。
「バン!」で死んだフリとか、名前を言ったオモチャを持ってくるとか、トウモロコシとか枝豆をキレイに実だけ食べるとか・・・。
人間の言葉もほぼわかっていたみたいで、出かける話なんかをしていると怒りだしたりしたので、会話にも気を使ってました・・・(・・ゞ

それに優しい子でした。
泣き真似すると寄ってきて心配そうに顔を覗き込んだり、ペロペロ舐めてくれたりしました。

プライドが高くてカッコイイ犬でもありました。
キリッとして気高い感じがあったので、我が家では「ネム様」と呼ばれてました・・・(^-^;
ランディも、憧れの目で見てたし。

我が家にとって初めての犬なので、特別な存在です。

ただ残念なのが、飼い始めたのが20年前なので、あまり食に気を配るって事をしていなかったのです。
ドックフードをあげだしたのはランディが来てからなので、それまではずっと残り物中心の食事だったから、かなりの高塩分食でした。
一応「手作りご飯」ではあるけど・・・ふらふら
あんなに塩分をあげていなかったら、もう少し長生き出来たと思うと残念です。

最後におまけるんるん
赤ちゃん時代のネムです。
生後1ヶ月で我が家に来ました。
かなり可愛かったのに、両親はあまり写真を撮るような人ではなかったので、残ってる写真は少ないのですが・・・。
コレはそのうちの一枚です。
ネム−02.jpg
ニックネーム naoo at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

ランディ♪

ランディ−02.jpg ランディ−01.jpg

今年の5月14日に天国へと旅立ってしまったランディですもうやだ〜(悲しい顔)

もうこの子は完璧でした。
完璧に可愛かった。

素直で無邪気で甘えん坊で単純で・・・頭が良いとは言えないけど、そんな所も可愛い黒ハート
そしてちょっとワガママで意地悪な所もあって・・・でもやっぱり、そんな所も面白くて可愛いくて。
初めての人はランディの顔を見て怖がったりする人もいたけど、よく見ていると性格の可愛さが顔からにじみ出ているような・・・とにかく可愛い犬でした。

家族はもちろん、たまに遊びに来る親戚も、散歩の途中で会うおばさんや子供達も、月に一回灯油を入れに来る業者の人も・・・みんなにランディは可愛がられていました。

犬の居ない生活は考えられないので、これからも犬は飼い続けていきたいとは思っているけど、こんなに可愛い犬にはもう出会えないような気がします・・・(・・ゞ

ニックネーム naoo at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする